DSCF1457

建物を愛する全ての方へ

 

建築の力

 

人が建築物に求めるものは、人の数ほどあります。

 

例えば大地震や台風から守ってほしいと思う建物。

投資対象として大きな利益を生んでほしいと思う建物。

働く場所として、働きやすいと思える建物。

人が集まって楽しんだり、癒されたいと思える建物等々。

 

よく言われるように建物には用・強・美の3つがそろって初めて社会に対して有効になります。

 

建物の価値は、人それぞれの解釈があるので、なかなか良し悪しが測りにくいものです。

 

しかもそれらの社会的な価値基準すらも変わっていっています。

 

建築に求めるものがいくら変わろうとも、いくら基準が変わっても、私は建物が持っている基本的な力を信じております。

 

古い建物でもそれらの価値をアップし、現在の建物以上にする事は可能です。

 

建築物の価値を高め(リフォーム、BELS認証等)、

経営効率をよくし(BEMS、HEMS、FEMS等)、

建築を使いやすく改変し(コンバージョン、リノベーション)、

適切に耐震補強を行えば、

現在の新築物件となんら変わらずに、価値を維持してゆけます。

 

新築以上の建物になることも可能です。

 

古いものが光り輝き、価値を生む事さえ出来ます。

 

人は必ず何らかの建物に関わっています。

 

建築を使っている人、係わっている人に、現在の建築の本当の価値基準を示し、その価値を上げてゆく方法をお伝えしてゆきます

 

 

お客様 お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

会社名

ご住所 (必須)

ビル・マンション名等

電話番号 (必須)

ご相談内容 (必須)