代表者プロフィール

ご挨拶

始めまして。1級建築士の山本と申します。

まずは、私の耐震診断に対する「想い」を皆様にお伝えさせていただこうと思います。

私は平成4年に事務所を立ち上げてから、しばらくは意匠設計中心の生活を送って来ました。

しかし2011年の東日本大震災を期に、考え方が徐々に変わってゆきました。

多くの優秀な先輩事務所の方たちが、建築事務所をやめるという決断をされました。

私も、今までの建築設計に打ち込んできたのだけれど、何だったのか?という絶望感や無力感を感じずにはいられませんでした。

自然災害の前には、建築は人間の命さえも守れないのか?そんなものを一生懸命、徹夜で設計していたのかと少し自暴自棄にもなっていました。

やめていかれた先輩建築士の方も同じ思いだったに違いありません。

さらに追い打ちをかけるように熊本地震があり、本当に良い建築は何なのか?と自問せずにはいられませんでした。

もう一度良い建築とは何なのかを、1から考えようとも思いました。

日本全体が火山の活動期に入ったと言われております。

今度来る地震は、東海、東南海、南海の大地震が連動してくるかもしれないのです。

いつ来るかはわかりませんが、必ず来るのです。

その時に、この建築の中にいて助かった。よかったと言われる建築を少しでも多くしてゆきたい。

1人でも多くの人の命を守ってゆきたいと考えています。

建築事務所は、多く協力事務所があって初めて成り立つものです。

弊社には、優秀な協力事務所があり、耐震診断のスペシャリストが在籍しております。

これまで2000件を超える実績があります。この知識と経験を、どうか皆様方、活用してください。

あなただけのためではなく、将来の次世代の方のためにも、一緒に第1歩を踏み出しましょう。

お気軽にご相談ください。

ご相談はこちらから受け付けています。→お問い合わせ